リフォーム

リフォームは全部やっちゃダメ!気になるところだけやれば、安く済む!

リフォームってワクワクする反面どうするかは迷うこともいっぱいありますよね。そこでリフォーム経験者に色々質問をして答えてもらいました。気づかなかったことや、はっとさせられることも色々あると思います。ぜひ参考にしてくださいね。

リフォームをしようと決めたきっかけは何ですか?

値段と立地を重視して、中古の物件を選びたいけど、やはり値段なりに中は古くて、洋室は周り打ちや床が古さが目立つ焦茶色、床の一部はベコベコ、風呂やトイレ等の水回りは古い色使いのタイルや壁紙、和室のふすまは色褪せというような状況だった。
大手のリフォーム業者さんに訊くとどこも高級車が買えるぐらいの値段を言ってくるので、諦めるか迷ったけど、いろいろYouTubeとかで調べると、古い家を、安値で工夫してすごく綺麗にしてくれる業者さんが色々いることがわかったので、その中の業者さんに声をかけて家を見てもらい、見積をもらった。
家の値段とリフォーム代、両方を合わせても、かなりリーズナブルな値段だったので、これならいけると思い、家購入の契約をして、そのまますぐにリフォーム業者さんに入ってもらい、作業をしてもらった。

何を基準にどうやってリフォーム業者を選びましたか?

家庭の事情でずっとその家に住み続ける訳ではないので、構造とか基礎とかをあれこれ補修もしてくれるという業者さんは自分のニーズには合わないのだが、大手のリフォーム業者さんはどうしてもそういう話を出してくるところが多く、そこをまず直さないと工事は受けたくないというところもあった。
自分は、とにかく表面だけでいいから新しいものに替えて、築古の物件に住んでいるという気持ちにならなければそれでよかったので、床・壁・天井クロスなどをとにかくさっぱり一新あるいは塗装してくれるところがよかった。
YouTubeにまさしくそういう業者さんが施工しているリフォーム動画が上がっていて、値段もどれもリーズナブルだったので、それが業者さんを決めた理由。

リフォーム作業で一番しんどかったことは何ですか?

まずは、そのリフォーム業者さんがとても人気なので、なかなか工事の日取りが決まらなくて、入居がどんどん先になっていったのがつらかった。
ざっと2ヶ月近く待ったね。
もちろんその間は引っ越しできずジリジリしていた。
次に、工事を始めてみると、想定していなかったところが腐っていたとかの問題があって、少しだけど費用が追加になってしまったことと、あとはその業者さんが苦手な水回り工事の必要が出てきて、そこをお願いするとかなり高くなると聞いた時が一番つらかった。
結局、自分がいろいろ調べていた中に水回り工事を安くやってくれるリフォーム業者さんもいて、その部分だけ、別でそっちの業者さんにお願いしたらトータルではそんなに高くならずに済んだので、助かったね。

-リフォーム